Youtubeは今や私達の生活にとって大事な娯楽です。
テレビと違い好きな時間、好きな場所でお気に入りの動画を見れるというのはとても楽しいですよね。

また様々な種類の動画があるためどんな需要にも答えてくれます。

大人ですら楽しいわけですから、当然子供だって楽しく感じるでしょう。
いまや子供がなりたい職業一位がYoutuberらしいですからね。
 
子供とのコミュニケーションの一貫としてだけでなく、自分が相手をする代わりにYoutubeを見せて遊ばせておくという方法をとっている人も少なくは無いでしょう。
でも本当に子供にYoutubeを与えることがいいのでしょうか?
便利なものにはそれなりのリスクがつきまといます。子供はYoutubeを見せておけばある程度静かになるでしょう。でも本当にそれがいいことなのか、それはとてもむずかしい問題です。
 
 

Youtubeは教育テレビではない

Youtubeはテレビとは違い、自分の好きな時間、場所に動画を再生することができるサービスです。
そのため、テレビ代わりとして使っている家庭も多いはず。

実際僕もテレビではなくYoutubeの方をみて時間を潰したりしています。
実際その2つというのは大きな違いがあるんです。
 
とくにその影響というのは子供に対して強く出ます。

テレビはある程度のフィルターがある

Youtubeという名前がどういう意味でつけられたかご存知でしょうか?
You=あなたの
tube=ブラウン管テレビ
 
あなたのテレビ、つまりあなたが動画を発信するサイトということです。
そう、大事なのは「あなた」という部分。
 
Youtubeというのは個人がそれぞれ動画を上げる場所です。
テレビのように色々な機関と連携を撮ったり、審査などをせずに今日撮った動画をアップロードボタンひとつで上げることができます。最少人数で言えば一人でできてしまうんです。
 
 
テレビという媒体は、ある程度のフィルターがかかります。
「こういう発言はよくない。」
「こういう描写はよくない。」
「こういう人を起用してはいけない。」
 
特に子供が見るような教育系のコンテンツならばそれはかなり厳しいでしょう。
最近はクレーマーが多いようでさらに厳しくなっている印象です。
 
そのため、子供が見たとしてもそこまでひどいものは入ってこないわけです。
 
一方Youtubeの場合、多少の規制についてはYoutube側の方で指定されていますが、基本的には動画投稿者の裁量に任されています。つまり子供が得るべきではない事もどんどん入ってきてしまうんです。
 
 

子供が受ける影響というのはとんでもないもの

「動画見せてれば子供が静かになるし、見るだけだからそんなに影響ないんじゃない?」
そういう親御さんはそこそこいらっしゃるようですが、これは大きな間違いです。
 
子供というのはいわば乾いたスポンジのようなもの。
入ってくる情報を水のようにどんどん吸収していってしまうんです。
 
例えば、大阪や東北の子供たちというのは方言を使いますよね。その方言は生まれたときから自然と身についていたものではないわけです。
親や親戚、地域の人が使っていたからこそそれが自然と身についていったんです。
 
テレビは子供にどれだけの影響があるのかしっかりと知っています。だからこそ、子供が人を傷つけるような言葉や暴力的な表現をフィルターによって弾いているんです。

ですがYoutubeの場合、その表現がすべて直接入ってきます。
実際それを懸念してYoutubeの利用を制限した親御さんもいらっしゃいます。


 
Youtubeの動画やゲーム自体が悪いものというわけではありません。
ゲームを実況する中で出てくるような汚い言葉や表現、行動といったものそういう悪い部分が子供に入ってしまうわけです。

例えばインターネットのオンラインゲームのにおいてひたすら暴言を吐く子供、コメント欄で相手をひたすら罵る子供は結構います。
彼ら彼女らは生まれたときからそのような性格だったかといえば答えはNOでしょう。そして親がそんな風に教育をしたわけでもないはずです。
 
周りの人の行動や言動というのを吸収して子供は成長していきます。
親や先生、周りの人。
 
そこに加わってきたYoutuberは本当に信用できるでしょうか?
 

これはほんの一例でし、Youtuberの人が面白おかしく扱ってくれているレベルですんでいますが、しゃれにならない自体になる可能性も十分にありますし、殺害予告は下手したら警察が動く自体にもなりかねません。

実況者が動画内で「はあ〜!こいつマジで死ねよ!!!」という言葉遣いをすれば当然それを子供は真似てしまうでしょうし、コメント欄などの暴言を見て「自分もそういうことを書き込んでもいいんだ!」と勘違いをして書き込みをしてしまうわけです。
 
確かに便利なYoutube。
あなたは子供に使わせますか?
  
 

ネットの使い方はしっかりと親が教育するもの

インターネットは便利な反面、とてもつもない危険さをはらんでいます。
その理由として
・自由さがあること
・相手の顔が見えないこと
・自分が見えてないと思ってしまうこと
にあります。

面と向かって暴言が言える人がネットで暴言を書き込んでいるのならまだわかりますが、対面では言えずネットの中だけでしか暴言を発言できない人がほとんどですし、子供の場合はほぼすべてと言っていいでしょう。小学生が大人に暴言を吐くって現実世界じゃそうそうありませんからね。
 
 
インターネットというのは、使い方がとても大切です。
包丁だって間違った使い方をすれば自分自身を傷つけてしまいますよね。

そしてその使い方というのは学校では教えてくれませんからしっかりと親が教育をして上げる必要があります。もしあなたがそれをできないorあなた自身もわかっていないというのなら、知り合いのツテを頼って詳しい人にお金を払うなりなんなりして子供たちに教えてもらうなどをしたほうがいいです。
 

何でもかんでも見せていいわけではない

子供の教育のために、色々な情報を与えるべき!
という意見も出てきますが、それはあくまで子供が情報の取捨選択をできるようになった頃にやるべきです。
 
いい情報、悪い情報がわからない段階でそれをやってしまうと子供がどんどん悪いものを吸収していってしまいます。
ちょっとしたやけど程度で住めばいいですが、それこそ犯罪に巻き込まれたりすれば最悪命にも関わってしまうケースもあるでしょう。

ネットでしらない人とあって暴行された事件なんてたくさんありますからね。
インターネットを使わせるのならフィルタリング機能だけでなく、親がしっかりと見ていいもの、見てはいけないものを区別して渡しましょう。
 

インターネットの怖さをしっかりと教える

最近の子供はインターネットが当たり前に存在しているものとして生まれています。
言ってしまえば怖さを知らないわけです。
 
インターネットにはさまざまなトラップが仕掛けられていますし、善悪の判断がついていない子供たちはそのトラップを踏んでしまいがちです。
子供というのはまだ責任能力がないですから、なにかトラブルがあれば当然あなたの方に責任は降ってきます。子供が起こしたことが原因で親が会社を首になったというケースも僕は聞いたことがあります。

親が口で伝えても子供がわかってくれないのなら一芝居売ったとしてもその怖さは伝えるべきでしょう。
 
もし僕の子供がネットで暴言を書いていたりしたとしたら、知り合いに頼んで警察から連絡が来たとか、怖い人から訪ねてきた的なシュチュエーションを作ってでもネットの怖さを教えます。そしてそこからしっかりと使い方をもう一度教えてあげればある程度は素直に聞いてくれるでしょう。
 
今の20代後半から40代ぐらいまでで、昔からPCを触ってきた人たちというのはインターネットの怖さをしっかりとわかっていますからネットで余計な行動を起こすことはあまりありません。
 
ここ最近の犯罪だってインターネットを介したものが結構ありますからね。
しっかりと教育しておかないとあなたのお子さんが巻き込まれる可能性だってありますよ。
 

座間9遺体事件(ざま きゅういたいじけん)は、2017年(平成29年)10月30日に行方不明女性当時23歳を捜査する過程で発覚し、翌31日までに9人の遺体が見つかった死体遺棄事件。事件にはAが被害者の誘い出しに使った手段、Aの逮捕に繋がる情報提供の双方にTwitterが関連

 
 

まずはあなたがしっかりとネットというものを理解しておこう。

スマホ、インターネット。
子供にそれを教育するのならまずはあなたがそれらのことについてしっかりと知って置かなければいけませんよね。

よくわからないから怖い!ではせっかくのインターネットの良ささえも消してしまいます。
これからの世の中インターネットなしに生活するのははっきり言って無理ですし、そういう子育てをしてしまったらその子供は将来確実に躓きます。

インターネットという存在自体はしっかりと認めて、どう使うべきか、向き合うべきかをしっかりと考える。これが今あなたのするべきことなわけです。
 
先程も言いましたが、手に負えない、インターネットのことよくわかっていないというのなら、お金を払ってでも周りの人で詳しい人に講義をしてもらうべきです。