一個塩分1.6g!エースコックの減塩ラーメンをレビュー!

ここ最近は高血圧の父のためにずっと減塩の食事を作っています。
栄養士の先生から一日6gまで!と言われたので一食2gずつ計算でずっと料理をしていて、正直父がお菓子などを勝手に食べてしまうのも考え、一応1.5gぐらいずつに収まるようには考えています。

基本は食材の段階から作っていくためある程度の塩分をコントロールすることができるのですが、なかなかそうはいかない料理もあるわけです。その一つがラーメン。

「減塩しないとなんだからそもそもラーメンなんか食べなければよくない?」
そう思われるかもしれませんが、うちの父はとにかくラーメン好き。減塩を言われる前はカップラーメンを常に常備して一週間に何個も食べるような人でした。

そんな父が減塩。本人もしっかりと守ってはいるのですが、好きだったものを我慢するというのは相当大変なはず。
家族として一番怖いのは『普通のラーメンを食べてしまうこと』
父がラーメン欲を我慢できずに普通のラーメンを食べてしまった場合確実に一日の塩分を超えてしまいます。普通のラーメンは一個で一日分を超える塩分を含んでいるものが結構あります。
 
そんな父のラーメン欲をどうにか解消できないかと探してついに見つけたのが減塩のカップラーメンでした。
 
 
 

だしの旨みで減塩 中華そば

私が購入したの減塩カップラーメンは『だしの旨みで減塩 中華そば』というカップラーメンです。

減塩ラーメンに関してはしらべるといくつか種類があるのですが、すべてのラーメンが減塩食につかえるわけではありません。
減塩と一言に言ってもどこまで減塩をするのかは人によって違います。父の場合は完全に高血圧ですから6g以下に抑えないといけないという絶対的なルールが存在します。そのため、一食は2.0g以下に抑えないといけないわけです。

減塩ラーメンを検索してみると多くの商品においてその2.0gを超えてしまっているものがほとんどです。
確かに普通のラーメンよりかは減塩されていますが、その程度の減塩では食事には使えません。

Amazonやら楽天やらで色々と調べた結果、たどり着いたのがこの中華そばだったわけです。

一個118円、塩分1.6g!ただし大きさに注意

色々と探した結果たどり着いたエースコックの中華そば。
スーパーなどには売っていなかったので素直にAmazonで注文しました。

12個セットになっており、全部で1418円だったので一個あたり118円ぐらいの価格になりますね。
減塩のものってどうしても値段が高くなりがちなので結構お得かも?と思って注文したのですが、届いた商品は自分が思っていたものとちょっとだけ違ったんです。

カップラーメンですから、個人的にどん兵衛とか佐野ラーメンとかぐらいのしっかりとしたカップラーメンだろうな思っていたのですが実際に届いたカップラーメンは、ミニサイズのラーメンだったんです。

まあAmazonの表記にグラムなども書いてあったので完全にこちらのミスではありますが、さすがにこれだけじゃなお腹いっぱいにはならないだろうな・・・という量なので、ちょっと計算が崩れましたね。
このちっちゃい量で1.6gですから、お腹いっぱいになるためには他のおかずを用意しなくてはいけませんし、それらの塩分は0.4g以下に抑えないといけません。
カップラーメン一個で一食はOK!とはならないので注意してください。
 
 

実際に減塩中華そばを食べてみた感想

サイズの話はおいておいて、大事なのは味ですよ。味。
いくら減塩ができるとはいえ、味がお粗末だったら食べてもらえませんから減塩とは行きません。

しかも対象が、いままでずっっっっっっっとカップラーメンを食べ続けてきてとにかくラーメン大好き親父。
しょぼいラーメンではまったくつかえないわけです。
 
内心ビクビクしながら夕食にこの減塩中華そばを出してみたところ
「うん。うん。ラーメンだあ!スープもおいしい!」
とかなり大好評でした!!!

実際に自分も食べてみると、はっきり言って普通のカップラーメンと変わらない美味しさ。
減塩だよ!といわれても気づかないレベルと言っていいでしょう。
 
 
気になったところとしては、
・具材が少ない
・量が少ない
というところのみ。味に関してはなんの意見もなく普通の醤油ラーメンです。


 
細かく切られた申し訳程度の具材が入っていますが、減塩のことを考えたら企業が入れられるのはこれが限度なのかもしれません。
ナルトなんかは練り物ですからそれなりに塩分を含んでいますし、お肉類は保存料的に塩分が入ったりしますからね。

ただこの辺に関しては、作る側のワタシたちがある程度カバーすることができるはずです。
 
 

食事にするときにはしっかりと栄養も考えて提供

量だけを考えたとしても、さすがにこの小さいカップラーメン一個というわけにはいきません。
そして減塩の食事のときに大切なのはただ塩を減らせばいいだけではなく、野菜などでしっかりと栄養を取らないと行けないわけです。
 
私がこのカップラーメンを使って食事を作る際には、

  • 白米
  • キャベツ、玉ねぎ、人参等の無縁野菜炒め
  • 中華そば
  • 無縁おひたし

といったメニューにしています。

カップ麺の麺が少ないですからそれを補うための白米。
そして確実に足りない野菜。これを野菜炒めを作ってカバーします。中華そばで1.6gの塩分を使ってしまっているのでこの野菜炒めに対して塩分を入れてしまうと余裕でオーバーしてしまうのでここは塩分なしで行います。
味付けとしては黒胡椒やにんにくを入れて調整すればOK。

お肉を入れる場合はロースだったりささみをすれば動物性脂質も少なめにできるので、高血圧の方にはおすすめです。

あとはちょっとしたおひたしとかですかね。
かぼちゃを煮たりとかそういうシンプルなどをいれてあげるといいですね。

ちなみに先日、病院の栄養士の人から一日に一個は卵をとってほしいといわれたのでもしこのラーメンにいれるのならゆで卵にしてあげればよりラーメンっぽくなるんじゃないでしょうか。
 
 
本来ならばこういうカップラーメンというのは減塩の敵ですし、食べないなら食べないにこしたことはありません。
でも中にはカップラーメン大好きなのに減塩生活を強いられてしまっている人というのもいるかと思います。

そういう人がずっと我慢をし続けることができるのならいいのですが、我慢の限界で普通のカップラーメンを食べてしまったらそれこそ減塩生活の終了を意味します。
なのでこういった減塩ラーメンなどで本人のラーメン食べたい欲を下げてあげるのが本人のためにもいいのではないでしょうか?
 
減塩していない人でも普通に美味しく食べれるラーメンですので、減塩生活をしている人はもちろんのこと、ちょっと塩分について気になり始めた人とかも買ってみるといいと思います。