Twitchという配信サイト。
これはAmazonが運営している外国の企業のサイトです。

Twitchで配信をしている人ならわかると思いますが圧倒的に日本人よりも外国人の人のほうが多いんですよね。
「人工的に当たり前じゃん!」と言われそうですが、それにしたって日本人が少なすぎるんです。

Youtubeである程度人を集められるゲームだとしてもTwitchでは全然日本人の視聴者がいないというケースはかなりあります。
わざわざYoutubeでなくTwitchを選んでいる時点で仕方がないことではありますが、視聴者を集めるのは結構たいへんと考えていいでしょう。
 
 

Twitchは外国人ばっかり!なら外国人向けもやればよくない?

はっきりいいましょう。
日本人だけを相手にしてゲーム配信をしたいのならニコニコやらYoutubeでやったほうがいいです。
 
でも逆に言えば外国人をうまいことあなたの放送に取り込むことができれば視聴者数をかなり稼ぐことができます。
私も過去とある配信をしたとき、コメント欄にいる5人全員が外国人ということがありました。
 
その時はまだ英語の勉強もしていなかったので結構テンパってしまってしまいましたが、今はそれなりに勉強して対応することができます。
 
 

英語で対応できれば外国人も配信を見てくれる

外国人の人たちはその多くが英語でコメントを打ってきます。
時々翻訳して日本語で打ってくれる人もいますが、その人に対して言葉を返すときはこちらは英語を使わなければ伝わりません。
 
お互いに言葉のキャッチボールができれば、外国人の人もあなたの配信をずっと見てくれるわけです。
やってて思うのが日本人という特徴もあるのか、他の日本人の人よりも配信に定着してくれる率が高いように感じますね。体感。
 
まあ英語を使い続けるというのはなれないうちは結構しんどいところもありますし、自分が想像していた実況像から離れてしまうということもなくはないですが、結局視聴者をあつめないことには実況者として延々と底辺を這いつくばることになるわけですから、大変だとしてもそこで集めたほうが個人的には楽かと思います。
 

外国人の視聴者が増えれば日本人の視聴者も増える

人というのは人がいるところに集まります。
例えば10人の視聴者がいる配信と、1人しかいない配信。Twitchの一覧画面から見たときどっちの配信のほうが面白そうに見えるでしょうか?
明らかに数が多い方ですよね。

数が多いとそれだけ新規の視聴者も増やすことができます。
数が多い外国人を狙って視聴者を集めてその数を利用してさらに日本人の視聴者も稼いでいく。

文字にするとあまりいい響きではないかもしれませんが、それでもかなり他の配信者と比べて有利になれるはずです。
実際、日本語だけしかできない人よりもどっちもできるよーと書いてある人のほうが視聴者数は多いですからね。

外国人だって自分の言葉わかってもらえない配信者を見ようとは思いませんよ。
 
 

日本よりも投げ銭やサブスクの文化がある

ゲーム実況を始めるのに対して、自分の自己顕示欲を満たしたいというのもあるでしょう。
でもなんだかんだいってお金を稼ぐということも重要ですよね。
 
Twitchの場合、チャンネルの収益というのはチアー(投げ銭)、サブスク、広告になります。
すでにTwitchアフィリエイトに参加している人ならわかると思いますが、広告だけではマジでお金になりません。それこそ何千に何万人集めていたら話は別でしょうが、普通のそこまで人を集めることができない配信者からすると広告収入はほとんど期待できないんです。
 
そのためTwitchでお金を稼ぐのならチアーやサブスクといったものが主になります。
ですがここで大きな問題があります。

日本人の人は投げ銭などの行為に対して抵抗があるんです。
もちろんたくさん投げる人もいますが、それはあくまでも少数派。おそらく形がないモノに対してお金を払う渡すということに対して抵抗を感じるのでしょう。
 
そのためサブスクや投げ銭といったものは海外の人向けにしたほうがもらいやすい場合が多いです。
まああなたがVtuberで人気があるのなら別ですけどね。
それがないのなら収益目的なら日本人よりも外国人を対象にしたほうがいいでしょう。

 
 

英語ができると日本人の視聴者を増やすことも可能

「日本人に対して有名になりたいなぁ・・・」
ここまで読んでそう思う気持ちも正直わかります。

なんだかんだ今後ネットで知名度を生かして活動するのなら海外よりも日本で有名になりたいですからね。

ただ、英語ができるようになれば外国人の視聴者を増やすという使い方だけではなく、日本の視聴者を増やすということも可能なんです。
正直この方法を発展させまくると割と早めに有名になれるはずです。
 
英語をしっかりと勉強しないといけないという点がありますから、努力ができる人限定ですけどね。
でもその努力のハードルがあるからこそ、他の人が簡単に参入できない鉄壁のまもりになります。
 
 

とりあえず日常会話レベルの英語を習得しておこう!

とにかく下準備としてまずは英語をある程度読める、聞けるようにしておく必要があります。
日本人向けに配信するので自分の気持ちなどを英語で表現できる必要はありません。

ゲーム内のテキストを読む力。
キャラクターの声などを聞く力。

それさえ鍛えられればOK!
あなたが英語で会話をする必要はありませんからその点は外国人向けに配信するよりも簡単ですよね。
 
 
まあ勉強方法に関しては、独学でやる!という人もいますがそういうのって続かないことが多いんですよね。
結局なあなあでやってしまい何ヶ月立っても英語ができないというケースに陥ります。あなたもそんな経験ありませんか?
 
なので自分にプレッシャーを掛ける意味でも多少金銭というリスクをかけて英語の学習をしたほうが確実にうまくなります。
「○万円払ってるんだから無駄にしないように頑張らなきゃ!」その気持が大事です。

ただ、英会話教室とかって詐欺的なのも多いのでそこは気をつけてください。
私のおすすめはCMでもやってるプログリットです。
 
 

狙うべきは日本未発売のゲーム!

そして英語をある程度に身につけることができればもうあなたの一人勝ち状態。
日本人って欧米に対してすごく憧れの気持ちを持っている人多いですよね。海外コンプレックスとか言われたりしますが、海外ではやっているものに対してそれがいいものと思いがちになる傾向があります。

そしてそれはゲームでも一緒です。
ゲームというのはすべてが世界同時発売されるわけではありません。

海外ではやっているのに日本では発売されておらず日本語対応がないというゲームはかなりあります。
Twitchで人気のゲームもめちゃくちゃ総視聴者数はいるのに日本人の配信者がまったくいないというゲームが結構あるんです。

もうおわかりですよね?
そういうゲームをあなたが日本語に訳しながらやればいいんです。
オンラインゲームの場合ならVCなどを訳してあげてもいいですね。

海外のゲームに興味があるけども日本語しかできないという層をあなたの視聴者にガッツリ取り込むことができます。
もし配信したあとに余力があるのなら配信した動画を切り抜いて字幕などをつけた状態でYoutubeに上げればそちら側からも視聴者を獲得することができます。

まあサムネの勉強やらが別途必要にはなってきますけども、最近は海外の反応系の動画も流行っていますから、海外の人がVCで喋っているおもしろ動画などを訳せばかなり再生回数は稼げるはずです。
TwitchオンリーではなくYoutubeとの二足のわらじにはなってしまいあなたの負担が増えることにはなりますが、それが仕事として成り立つのなら頑張れる範囲ですよね。