ソシャゲといえば現在かなりの数があります。
僕もいろいろとソシャゲに手を出していて、途中でやめたものを含めればある程度人気のゲームには手を出していると思います。

これだけあまたのソシャゲがあるわけですから、当然人気があるソシャゲ無いソシャゲがあります。

そんなソシャゲの中でもFGOとグラブルはかなり有名なタイトルでしょう。
 
 


 
今、どちらも人気があるコンテンツですが、その人気を見てどっちかのゲームをやってみたいと思っている人も結構いるかと思います。
 
どっちもスタートしてから数年経ってボリュームがあるソシャゲのため始めるまでのハードルが高く感じてしまいます。
 
この記事ではFGOとクラブルのゲーム性などを比較していますので、これからどちらかのゲームを始めようと思っている人の参考にされば幸いです。

どちらもゲームとしては面白いものですので、ぜひ触れてみてください。




 
 

FGOとクラブルを比べてみる

世界観

FGOとグラブル、どちらもファンタジーRPGではあるのですが、その世界観はかなり違います。
FGOは現代をベースとし魔術などの組み合わせた世界観になっているのに対し、グラブルは完全にファンタジーの世界での物語となっています。ドラクエやFFに近い世界観ですね。

どちらが好みかは人それぞれですし、ここは甲乙つけられません。

FGOの方は実際の私達の世界の歴史をベースとしている部分も多いので、歴史の授業で出てきたような偉人もたくさん出てきます。そのためキャラクター自体に馴染みやすいという部分はあるでしょう。

一方グラブルは完全に私達の世界は違ったものですので、名前を無視すればキャラクターの背景は完全にオリジナルのものになりますから、入り込みやすさはあるでしょう。
 
 
ただ、FGOとグラブルはシリーズとしての年月はかなり違います。
グラブルはナイツオブグローリーなどのゲームを踏まえたゲームではありつつも世界観としては新しいゲームです。

しかしFGOはFateシリーズから設定などがつながっているためFGOしかやっていないと話が難しい要素というのもそこそこ出てきます。他のFateシリーズをやってないとストーリーが理解できない!というわけではありませんが、知っていればもっとたのしいんだろうなぁというのを感じます。
 
 

好きなキャラの手に入れられやすさ

FGOもグラブルもどちらもガチャをすることによってキャラクターや装備などを入手することができます。ガチャ結果なんかはよくSNSなんかでも見かけますよね。

キャラクターの入手ということだけを考えるとグラブルのほうが圧倒的にキャラを入手しやすいです。

グラブルのガチャには天井システムがあり、9万円分(無料ガチャ含む)ガチャを回せばその時にピックアップされている対象から好きなものを交換することができます。

さらにグラブルはそこそこ無料石やガチャチケットを配布しているため、そこれこそ一年間ためたら普通に無料で好きなキャラクターを手に入れることができます。
あと、グラブルは無料ガチャ期間がかなりあるので、キャラクターの入手ということだけ考えれば少し我慢したりすれば欲しいキャラは確実に手に入るでしょう。
 
 
一方FGOにはその天井機能がありません。
一応好きなキャラクターと交換することができるシステムはあるのですが、グラブルの天井とは全く違ったもので正直それを成し遂げるのはかなり大変です。

FGO数年やってるけど、欲しいキャラを未だに入手できていないという人も結構いますね。

こう見るとFGOのガチャがひどい!というようにも感じてしまいますし、度々ネットで議論されていますがこれはゲームにおいてのガチャの重要度の違いによるものもあるんです。
 
 
グラブルというゲームにおいて必要なものは、【キャラクター】 + 【武器】 + 【召喚石】の3つ。これを組み合わせて戦闘力を作っていきます。
その中にある武器、これの比重はとても重く強い武器をもっているかいないかがかなり重要になります。
そしてその武器というのは基本的に敵キャラからのドロップで入手します。

グラブルというゲームはソシャゲという枠組みにありますが、どちらかというとMMOよりのゲームなんです。そのため戦闘力の入手手段がガチャだけではないため、ゲームとしてのガチャの比重はとても低くなります。

FGOは、イベントなどで入手できることもありますが基本的な戦闘力の入手がガチャしかないわけです。パズドラとかモンストなんかもそうですよね。

FGOとグラブル、2つともめちゃくちゃ人気なのでよく比べられて炎上していますが、しっかりと比べてみるとそもそものゲームジャンルの違いにたどり着きます。
 
 

好きなキャラを使い続けられるか

ソシャゲをやる理由というのは色々ありますが、キャラクター性を重要視しているゲームにおいては自分が好きなキャラをどれだけ使えるのかというのも結構重要になります。

「強いキャラだけを使いたい!」という人もいれば、「自分が好きなキャラで戦いたい!」そういう人もいるわけでソシャゲは運営がガチャを回してほしい思惑もありどうしてもキャラクターの性能に優劣ができてしまいます。これはほぼ全てのソシャゲにおいても同じでしょう。
 
 
キャラクターを愛でる、キャラクターを使うということを考えるとこれはFGOのほうに軍配が上がります。
もちろんFGOにおいてもキャラクターごとの性能差が結構あるのは確かです。ですが低レアのキャラクターも『聖杯』というアイテムを使うことによって低レアのステータスを補うことが可能になります。

僕自身も好きなキャラクターである星3牛若丸を本来Lv70までしか上がらないところ、聖杯を使ってLv100まで育てました。ステータスが上がれば攻撃の威力もあがりますし、普通に最新ストーリーの難しいところでも使いました。

ただ、スキルが弱いとかの問題点があるキャラクターもおり、全てのキャラが聖杯を使えば一線に立てるわけではありませんが、それでもちょっとだけ工夫すればほとんどの戦闘で自分の好きなキャラを使えるでしょう(属性相性を除く)
 
 
グラブルの場合、どうしてもSRキャラというのは使えない傾向が強く、FGOのような聖杯強化もできないため好きなキャラを使えない場面が多いです。
好きなキャラが最高レアだ!という人にとっては問題ないでしょうが、手入レアに好きな子がいる人はそのキャラが高レアガチャに追加されるまで辛抱です・・・。
 
 

ユーザー間の繋がり

先程も書いたとおり、グラブルは他のソシャゲよりもMMOに近いゲームですので自分でソロで遊ぶというよりかは他のユーザーと協力して勧めていくスタイルのゲームになります。そのためどうしても他のプレイヤーとのつながりが強くなるんです。

一方FGOに関してはほとんどと言っていいほど他のプレイヤーとの繋がりはありません。
サポート機能とかありますが、一緒にプレイをするわけではありませんし、時々あるマルチバトルもすべてのプレイヤーで戦う感じなので、少人数でつながるわけでなくソロよりのゲームになります。

これに関しては好みの問題ですね。
みんなでワイワイ掲示板なんかを使って一緒にゲームをしたいのならグラブルのほうが合うでしょうし、ランキング戦とかユーザー間の交流がめんどくさいと感じるのならFGOのほうが楽なはずです。
 
 

ゲーム自体の奥行き

ストーリーや世界観の話ではなく、ゲームのシステムなどの奥行きとしてはグラブルのほうが何倍も大きいでしょう。とにかくグラブルはやることが多すぎるといというぐらいにあります。

普通に使う武器もボスからのドロップで集めないといけませんから、そして強くなったらまた他のボスを倒して強い武器を入手して入れ替えて次のボスに行ってまた入れ替えて・・・とやる必要があります。

またキャラクターとして十天衆と呼ばれる強いキャラがいるのですが、それを入手することがエンドコンテンツと言われていた時代もありました。
それが十天衆入手→十天衆の上限解放→十天衆の上限解放2とどんどん変わっていき、ユーザーのやることというのはかなり増えています。
 
 
FGOの場合は、グラブルでいうところのエンドコンテンツという感じのものがなくゲームとしてのやることは少なめです。とくにメインストーリーを最新までクリアしている人はイベントを待つかスキルレベルのためのアイテムを集めるぐらいしかやることがないで虚無といわれることもそこそこありますね。

イベントなどはそこそこ周回が必要だったりするので、局所的にやることが増えるFGOと右肩上がりでやることが増え続けるグラブルという感じでしょうか。

ソシャゲとしての手軽さ

やるべきことの量などから考えると手軽さはあきらかにFGOのほうが楽です。
グラブルもちょっとイベント楽しみたいぐらいだったら負担ないですが、新しい環境に追いつきたい!とかだと相当入れ込まないと厳しいですね。

ただ、プラットフォーム的に考えるとグラブルのほうが手軽ではあります。
グラブルもFGOもスマホでやるゲームという印象があるでしょうが、グラブルは実はブラウザゲーなんです。

そのためアプリのグラブルを入れなくてもPCでアクセスすればプレイすることができます。例えばPCでなにかの作業中に一緒の画面でグラブルを動かすなんてこともできます。プレイ環境の手軽さはグラブルに軍配があがるでしょう。
 
まあそれでもやることの多さは変わらないので、ソシャゲとしてはおもすぎなんですけどね・・・・。
 
 

キャンペーンやイベントの盛り上がり

ソシャゲにはメインのストーリー以外にもやキャンペーン、イベントなどがつきものです。
その盛り上がりなどについてですが、これに関しては配布の量だけを考えたら明らかにグラブルのほうが多くお得感を感じます。

ただ、上でも解説しましたがそれぞれアイテムなどの比重が全く違うため単純な比較というものができません。グラブルのルピとFGOのQP、どちらもお金としての役割ですが使う量を考えたら価値が全然ちがいますよね。

とはいえ無料ガチャキャンペーンもありますので、FGOがしょぼく感じてしまうのは仕方がないんですよね・・・。
グラブルはガチャピンなどで無料ガチャ100連!とかのキャンペーンをしていますが、正直最初の頃に比べるとその盛り上がりは少ないようにも感じます。おそらくそれはキャンペーン自体のインフレなのでしょう。

グラブルが無料ガチャをやりすぎてそれが当たり前の最低ラインになってしまっているわけです。正直グラブルはこれからキャンペーンの質を落とすことはできませんので結構たいへんだと思います。
 
 

SNSでの盛り上がり

SNSの盛り上がり方については、体感FGOのほうが盛り上がっているように感じます。
グラブルもFGOもどちらもトレンドを席巻しますが、残り具合や出てくる回数をなどを見るとFGOのほうが多いですね。

2019年のTwitterトレンド大賞エンタメ部門賞を獲得しているぐらいですからそれだけの人気があるということなのでしょう。

ただ、それだけ人気なこともありアンチの活動が活発という問題もついて回ります。これは人気があるコンテンツにおいてはどうしようもないことではありますが、もしあなたがFGOをはじめてTwitterをするのならアンチのような人はブロックすることをおすすめします。

正直FGOはソシャゲ中においてアンチの質がかなり低いですから・・・。
 
 
 

FGOとグラブルの総括、どっちがおすすめ?

ここまでいくつかの点でグラブルとFGOを比較してみました。
どうでしょうか?どちらのかのゲームをやるための判断材料になったでしょうか?

FGOとグラブル、どちらもストーリーなどを読んだりするとかなりたのしいですし、のめりこめる作りになっています。もちろんゲームとして不満なところも色々ありますがオンラインゲームなのでそのうち少しずつ改善されていくでしょう。

ゲーム自体が楽しいですし、人気なゲームをやっていると他の人と話すときの話題にもなったりします。同じ作品を楽しめる友達がいるとさらにプレイする喜びも生まれますからね。

FGOとグラブル、どちらもうまいことやっている人も多いです。
どっちがいいのかというのは最終的にはその人の価値観や好みによって大きく変わります。
 
  

ソシャゲに何を求めているのか

最近はPS4やSwitchなどにユーザーが戻っているそうですが、ソシャゲというものに何を求めているのかというのは結構重要になります。

マルチバトルとか込み込みでガッツリ楽しみたい!という人は、グラブルのほうが向いているでしょう。チャットでグループの人と情報共有したりもできますし、やりこみコンテンツも豊富です。

腰を据えてしっかりとやるゲームがグラブル。

一方、手軽にゲームがやりたい!他の人との繋がりなんかはめんどくさい。という人はFGOのほうがおすすめです。ちょっとした空き時間にやることもできますし、例えばバトルの最中に用事ができてゲームを終了しなくては行けないとしても他のユーザーとつながっているわけではないので、誰かに迷惑をかけることもありません。

また、ストーリーが最新までクリアして、キャラもある程度育てたらイベントまでやることも少ないので他のゲームとかに手を出しやすいのも個人的には助かります。
 
コンシューマーがメインでちょっとソシャゲに手を出したいぐらいならFGOのほうがプレイできるかと思います。
 
 

キャラクターの世界観の好み

あとは、あなた自身の好みの問題。
キャラクターや世界観などは人それぞれ好き嫌いが全く違いますからね。
この辺に関してはYoutubeの動画を見たりして世界観やキャラクターの感じを掴むのが手っ取り早いです。

気になるキャラがいたらそれを目当てではじめてもいいですしね。
いくつか参考になりそうな動画を貼っておくので見てみてください。

グラブル編 ファンタジー要素多め

FGO編 現代、魔術要素