めちゃくちゃひさしぶりにブログを書いているわけなんですけども。
最近はTwitchでゲーム配信をしたりYoutubeに動画投稿をしたりしていました。
正直以前、ブログに色々書いていた頃と比べると自身の身の回りのこととか趣味のことがすごい変わってしまっていて、自分でも驚きです。

ちなみにソシャゲはほとんどやめました。
というのも最近はしっかりと腰を据えてやるベームだったりそれこそ遊戯王マスターデュエルをやっているからです。

特にここ2年ぐらいでハマったのがソウルシリーズのゲームでした。
SEKIROなんかは配信でもやったりしたわけですけども、今回そのソウルシリーズの最新作が出るということでPVなどを見るのも一切我慢してすごい期待度の中エルデンリングという作品をプレイしました。

結論から行ってしまえばすごくつまらない面白くないゲームでした。

ちなみにソウル信者の方々からすると「面白くない=勝てない」ということみたいですが、改めて言わせてもらいますと「勝てるけど面白くない」が僕の意見です。

もちろん中にはソウルシリーズをはじめてやって勝てない!つまらない!と言っている人もいます。
そういう人たちについては置いておきます。クリアしたけどつまらない。それがこの記事で伝えたいことですので
 
 

エルデンリングは戦闘がとにかくつまらない

エルデンリング自体、ソウルシリーズということですから戦闘がそれなりに難易度が高いというのは知っています。
こっちとしても一応
・ダークソウル
・ダークソウル3
・ブラッドボーン
・SEKIRO
をクリアしてきてはいるわけです。
特にダクソ3、ブラボ、SEKIROに関してはめちゃくちゃ面白くて自分の中のゲームランキングが塗り替えられました。(ダクソ1は面白かったけど、ダクソ3をプレイした後だったのでシステムなどの古臭さを感じてしまった)

このシリーズ、世界観や音楽などが素晴らしいというのもあるのですがやっぱり大切なのって戦闘だとおもうわけなんですよ。
その戦闘がつまらないとなってくるといくらオープンワールドで素晴らしい世界だとしても途端につまらないものになってしまうわけです。
 
 

ボス的の攻撃があまりにも不快

ソウルシリーズのボスというのははっきり言って他のゲームと比べてもかなり強いです。
正直何も考えずに突っ込んでいって倒せるという相手ではないでしょう。

自分より強い相手、それをどうやって倒すのか。
それは試行回数しかありません。

何度やられても何度やられても勝てるまで立ち向かっていくわけです。そうすると最初はめちゃくちゃ強そうに見えていた相手の動きに少しばかり隙きが見えてきます。
相手のモーションを理解して「いつ攻撃できるのか」「この攻撃はどうよければいいのか」それを探っていくのがとてもおもしろいわけなんです。

相手の攻撃をきれいに避けて1撃当てる。
それを繰り返して相手を倒したときの爽快感は尋常じゃありません。
僕の場合あまりにも集中しすぎて心臓がおかしくなります。
ゴースの遺子、ゲール爺、無名の王なんかは特にそれを感じました。
 
 
僕自身この爽快感を味わえるからエルデンリングを買ったわけですが、エルデンリングのほとんどのボスにはこの爽快感を感じることがありませんでした。
理由はいくつかあると思います。

1、ディレイばっかり

今作、とにかく相手がディレイばっかりの攻撃をしてきます。
ディレイというのは相手が攻撃のタイミングを溜めなどで伸ばしてくるやつですね。
振りかぶってすぐ攻撃してくると思いきや、溜めて溜めてどーん!みたいなのがすごい多いんです。このディレイはプレイヤーが焦って回避行動を取ったところを突くためのものです。

正直ディレイを使ってくるボスというのもありだとは思います。実際以前の作品にもいましたからね。
ただそれがあまりにも多すぎるんです。戦うボス戦うボスがとにかくディレイをしてきます。

ディレイ攻撃を増やしたほうが難易度が上がると考えたのかどうかわかりません。
ディレイ攻撃ばっかりやらされてもこちらとしては爽快感がないんです。はっきりいって開発側のプレイヤーの嫌がらせを感じます。楽しんでほしいのではなくただ単純に嫌がらせをしたいと感じるんです。
 
 

2、相手の攻撃が理不尽なことが多い。

相手の魔法攻撃などを中心にとにかくとんでもないホーミング性能を持っています。
ラダーンの後半戦などをみればそのクソさがわかるでしょう。
もちろんこのホーミング性能は魔法だけではなくコンボ時なんかもそうです。
遺灰と共闘しているときなんか特に感じます。

正直あまりにも理不尽すぎる攻撃が多すぎます。ガーゴイルの毒吐きだったりほとんどのボスが即死級のコンボを持っていたり、広範囲高威力の攻撃をバンバンやってきます。
僕はソウルシリーズに対して高難易度というものを求めています。
相手の攻撃をすんでのところで避けて自分の攻撃を当てていく。心臓の鼓動がおかしくなってコンマ何秒の回避に集中する。相手も自分も一撃で死ぬなんてときはホントにやばいです。

ただ今回はそれをさせてもらえないんです。
とにかく広範囲攻撃たくさんでディレイしまくり。
正直最初のマルギットがディレイしまくりで「なんかこいついやだな・・・」とは思いましたが正直マルギットが良ボスに見えてくるほどそれから出てくるボスがつまらなかったです。
 
 

3、使い回し複数ボスがうざすぎる

複数ボスというとおそらく一番有名なのがオンスモでしょう。
こいつらはダクソ1の的だったのですが、正直マジで強かったですし面白かったです。めちゃくちゃ負けまくりました。それでもストレスはなかったです(篝火からが遠いのはめんどくさかったけど)

基本的にソウルシリーズのボスバトルというのは1体1なわけです。
ですがエルデンリングの場合この複数ボスバトルというのが結構な回数あります。

しかもオンスモのように複数ボスとしてデザインされているわけではなくて、別々の個体を難易度あげるためにセットで出してきているのがたちが悪いんですよ。
 
 
 

プレイヤーの操作性が著しく悪いのもよくない

ボス戦がつまらないというのだけでエルデンリングの評価がかなりさがっているわけなんですが、もう一つクソな要素がありましてそれが操作性の悪さです。
特に回避に関して言えばおそらく多くの人が違和感を感じたのではないでしょうか。

僕自身最初のザコ敵なんかと戯れているときになんだかすごい気持ち悪さというか違和感を感じました。
正直技術的なことはわからないのでどういう処理をしているのかとかはわかりませんが明らかに以前の作品と比べると回避が出るスピードが遅い用に感じてしまいます。
ネットで検索してみると同様の人が結構いるので僕だけのトラブルではないでしょう。

ローリングのテンポが遅いということはそれだけ敵の攻撃が避けづらくなります。これが本当に辛い。

そして、操作性ではないですが相手が自分のボタン入力に対してあからさまに行動してくる始末。

ダッシュと回避のボタンが一緒なのも誤爆の原因になってるでしょうし。
あと、火の巨人戦のカメラワークなども最悪ですしね。

正直ダクソ3、ブラボ、SEKIROを作った会社が作ったゲームとは思えません。
操作性、ボスの調整すべてに置いてお粗末と言っていいでしょう。
 
 
 

戦闘の面白さを求めず、世界観を楽しむゲームなのかもしれない

エルデンリングに対して戦闘面での楽しさというのは求めないほうがいいのかもしれません。
そういうのをやりたいのなら以前の作品を買ったほうが面白いし、安いですからね。

ただエルデンリングのストーリーだったりNPCのイベントは結構好きです。
すべてを理解しているわけではないですが、こう世界の終わりに向かっている感というか世界はすごい広いのに閉塞感がある感じとかなんと言ったらいいかわからないですが、あの独特の寂しげな雰囲気というのがとてもいいんですよね。

NPCだってラニちゃんはかわいいしセレン師匠もかわいいし(最後はあれだけど・・・)、エンヤ婆は優しいし。
すべてのNPCイベントをクリアできているわけではありませんが、オープンワールドで人数が増えている分、面白くなっていると思います。

ただ、オープンワールドなのでNPCがどこにいるか分かりづらいですし、数も多いですからスカイリムのようなイベントを一纏めで見れるようなログとかがあればいいかなと思いました。世界観に合わないという意見もわかりますがあまりにも不親切ですから。
 
 
 
個人的にこのエルデンリングという作品を遊ぶなら、戦闘に関してはこちらも理不尽に強い遺灰や戦技をつかって相手を適当に倒して世界観を楽しむぐらいがいいのではないかとおもいます。
このゲームに9000円ぐらいつかってしまったのは後悔しているところではありますが、あんだけ面白いブラボやSEKIROをセール価格で買ったのでそれを返したと思って納得しておきます。