私は最近、ゲーム実況を始めました。
そしてつい最近そのチャンネルが収益化を達成しました。

とはいえ正直稼げているというわけではありません。
稼ぐ目的で初めてはいないのでそれほど気にはしていないですが、収益で考えたらこのブログを毎日更新したほうが利益はでるんじゃないでしょうか?
ぶっちゃけると自販機でジュースを買う利益も出ていません。

ですが、毎回配信をすると見に来てくれている人がそこそこいます。
自分としてはゲームをするところを見てほしいとか一緒にゲームがしたいという目的で実況を始めているのでそっちのほうがかなりうれしいですね。
 
 
今もゲーム実況を始めている人はかなりいると思います。
でもなかなか人って集まらないんですよね。

私だってたくさんの人を集められているわけではありませんが、それでも0人ではありません。
 
「配信してるのに誰も来ない・・・」そんな状況を脱する方法を私の経験を踏まえてこの記事で解説しておきたいと思います。
自分自身への再理解も含めてね。
 
 

ゲーム実況は適当にやって伸びるわけではない

今ってかなり多くの人がゲーム実況をしているんですよね。
昔からネットで有名だった人達はもちろんのこと、最近はじめた人たち、はたまた芸能人までいろんな人がやっています。

ゲーム実況というのはいわば戦いです。
視聴者というパイを取り合っているんです。
 
自分がやりたいゲームを適当にやるというスタンスなのなら自由にやってもいいですが、人を呼びたいと思っているのならそれなりに計画を練らなくてはいけません。
何も考えずに好きなゲームを実況して人を呼ぶことができるのはある程度知名度がある人だけです。
 
 

プレイするゲームの需要と供給を考えよう

今現在あなたは何のゲームをプレイしていますか?
そのゲームはどれだけ需要があるでしょうか?需要というのはどれだけの人がそのゲームに興味があるかということです。

新規の視聴者を獲得する必要がある場合、その入り口となるのはゲームです。
「このゲームの配信みたいな。あ、この人配信してるじゃん見てみよー」そうやって私たちのチャンネルにたどり着いてもらうわけです。
 
つまり配信を見たい人がいないゲームをしたところで人が集まることはないんです。
  
 
一方、人気があるゲームをやればいいんだ!ということで流行りのゲームや話題の新作ゲームをやっている人もいます。今私がこの記事を書いている時点でいうのならばApexやタルコフといったゲームでしょうか。

これらのゲームは配信でもかなり需要があります。
でもこれらのゲーム、あなた以外の配信者もたくさんいませんか?
それこそプロのチームだってプレイしていますよね。そんなたくさんのプレイヤーがいる中であなたの配信にたどり着く人がどれだけいるでしょうか?そしてその配信をみるメリットはあるんでしょうか?
 
もともと人気がある配信者が人気のゲームをやることでさらに人を呼ぶということはできますが、人気がない人がやったところで誰も来ることはないでしょう。だってもっとおもしろい人達、上手いプレイをする人たちがいるわけですから。
 
例えばAPEXの実況をしていて人が来ないと言っている人がたくさん見受けられますが、今Apexを実況しているのってデトネイターの人たちや加藤純一さんたちですよ?
その人たちに勝てる面白さがあなたの配信にあるんですか?と問いたくなります。
 
勝てない場所で戦っても勝てません。
好きなゲームをやるのもいいですが、人を集めたいのなら自分が勝てる場所で戦いましょう。
そして自分の固定のファンがついてある程度どのゲームでも人が集められるようになってからApexなどのゲームをやればいいんです。
 
 

自分の配信と他の配信との差別化

これは私自身まだまだ研究途中な部分ではあるのですが、昨今数多くの人がゲーム実況をしています。
そのため、どうしても配信ごとの差別化というのは必要になります。

「なぜ自分の配信に人がこないのか」
それを自分目線ではなく、視聴者目線で考えてみると少し道が開けてくるはずです。箇条書きで書き出してもいいですね。
 
これを知るためにはとにかく他の人の配信を見なければなりません。
上で解説したゲーム選びもそうですね。戦いに必要なのはとにかく情報です。まずはしっかりと情報収集をしましょう。
 
また、いろいろと流行を察知する必要もあります。
例えばこれは一つの例ですが、現在(少し前かな?)マインクラフトの2B2Tというサーバーが日本で話題になりました。Youtuberのおにやさんが取りあげたことによる現象ではありますが、

こういうのが話題になり始めたときにすぐに波に乗れるかどうかはかなり大きいですよね。
私はマイクラを持っていなかったのでスルーしましたが。自分が持っているゲームでなにかそういうのがあればすぐに参加するべきです。
 
差別化は縛りプレイなどのゲームのプレイ方法にも当てはまりますし、配信者などのキャラクターもそうです。
そのゲームの配信者が冷静で落ち着いた人しかいないなら逆にハイテンションでやってみるとかね。上手い人達がそろっているとどうしても静かなゲーム実況になりがちですが、そこをパワー系でやれば見てくれる人は集まるはずです。
 
ちなみに縛りプレイなどの企画に関してですが、これは他の配信者がやっている企画をマネするのもいいと思います。
ですが、縛りプレイをすれば伸びるというわけではありませんので、いろいろ調べて縛りプレイ自体に需要があるかどうかなどを調べた上でやることをお勧めします。
 
 

音量や画質の問題

人の配信をみていると結構これがあるんですが、音質や画質がおかしい配信者が結構いるんですよね。
マイクの質とかは仕方がないとしてもあまりにも音が小さいとか、画面がしっかりと映っていないなんてことざらにあります。特にマイクのほうは小さい人が多すぎますね。

そりゃ配信をみてマイクが小さすぎて何を言っているのかわからない人の配信なんかみませんよ。
これに関してはしっかりと自分の配信を見返すなり、配信中にしっかりと調整するほかありません。むしろ人がいないほうがこういうのをチェックできるからよかったりします。見ている人がいるところでのチェックは厳しいですからね。
 
 
あと、回線の問題で配信が止まりまくっている人もNG。
しっかりと回線業者を変えるなどして対応しましょう。
 
 
 

まとめ

これまでのことを簡単にまとめましょうか。
どこかにメモして次の配信の役に立ててください。

  • ゲーム配信の需要があるゲームを選ぶ
  • 配信している人が多すぎないゲームを選ぶ
  • 企画やキャラなどで差別化を図る
  • 音質、画質、回線などをしっかりと改善する

あとはとにかくやり続けることでしょう。
ちりも積もれば山となるの精神です。今現在配信でトップをとっている人たちだってはじめからあの人数がいたわけではありません。

現在配信で15万人も集めている加藤純一さん。
彼が最初に投稿した動画は再生回数44回だったそうです。(削除されたそうですが)
やはりちみつも。
しっかりと作戦立てていろいろと試行錯誤しつつ、やり続けましょう。