『豚を生で食うんじゃないよ』
父親からずっと言われてきました。
 
生で食べる事に対しては確かに抵抗はありましたが、牛肉は多少生で食べても問題ないし、むしろそれが推奨されていることもある。
 
そう考えると生で食べることについてそこまで深くは考えてなかった用に感じます。
しかし、実際生焼けの状態で豚を食べたことによってその認識は大きく塗り替えられました。
 
 
医学的に◯◯という菌が~というのはよくわかりません。
ただ、この事件は生涯忘れることはないでしょうし、もう絶対に豚は生焼けでは食べません。
 
 

悪夢はバーベキューから始まった

ある夏の日。
僕は家族でバーベキューをしました。

豚やら牛やらを焼いて食べていたわけですが、どうしても外でやるバーベキュー、日が落ちてくると焼けているかどうかも判断が難しい感じに。
 
とはいえある程度の火力もあるし、なんとなくの感覚で食べていたんです。
食感としても焼けている感じ。味もタレをつけているためわかりません。
 
一通り、食べ終わり片付けをしたあとYoutubeで適当な動画をあさっていました。
 
 

お腹の表面、なにかが出来ている

ネットサーフィンを楽しんでいる時、ふいにお腹の真ん中にかゆみを感じました。
 
夏だし蚊にでもさされたか?
なんとなく指で掻いてそのまま放置。時間が経つとまた痒くなる。
 
明らかに蚊の痒さではない・・・。お腹をみると不思議な形に皮膚が盛り上がっていました。
 
さすがにおかしいと感じたため、母に相談。
「蕁麻疹じゃない?」とのこと。

恥ずかしながら今まで生きてきて蕁麻疹というものを経験したことがなく、なんとなくアレルギーで体ぞわーっと痒くなる程度の認識しかありませんでした。
 
 

驚きの異常事態

小さいポッチ。
確かにかゆいけども蕁麻疹ってこんな小さい感じなんだとちょっと拍子抜け。
 
またネットサーフィンをしていると明らかにかゆみが増えているように感じ、服をめくると・・・

最初は小さいポッチ一個だったものが明らかに広がっている・・・。
もうこの時点でかゆみは相当なものでした。
 
かゆい。とにかくかゆい。
私は我慢が出来ずに掻きました。それがよくないことだとはわからなかったんです。
 
 

広がる症状、増加するかゆみ

股関節中心に広がったかゆみ。
とはいえもう夜遅い時間。さすがに寝ようと思い布団に寝っ転がり、気合で寝ようとしたのですがどうやら痒みはそれすらゆるしてはくれないようで、すぐに目が冷めたんです。

当然股関節でだけで済むはずもありません。
ポツポツはどんどんいろいろなところに広がっていきます。
 
頑張って横になっている時、肘の内側がついに痒くなりました。
スマホのライトを照らしてみると


 
もうこのぐらいになってくるととにかく寝るを諦めていた覚えがあります。
かゆすぎて寝れないし、かかにようにと思ったけどもどうしても掻いてしまう。
 
もう地獄でした。
痒いというのは本当につらいもの。全身のかゆみというのは体験したことがないとわからないでしょう。
 

かゆみは背中にまで

本来ならばネットでいろいろ調べようとか家族に助けを求めようというのがあったのでしょうが、その時はもうそんなこと考えられなくらい『かゆい』ということしか考えられなくなっていました。
 
股関節、お腹周辺、肘の内側ときたわけでさすがにそろそろ収まるだろうか・・・と考えていたのですが甘かったんです。
地獄にはさらに下の階層がありました。

布団で背中が擦れたことによるものでしょうか、背中にまで広がってきました。

これはちょうど腕の付け根ぐらいのところなんですが、腕を伸ばし触って強くはかかないけど痒みをごまかす。当時の私が出来る限界がそこで、当然それを続けるとどんどん悪化していきます。
 
声を出して叫びたいほどのかゆみ。
真っ赤になりブツブツ出てくる皮膚。本当に頭がおかしくなりそうになりました。
  
そしてかゆみがMAXになった時がこの状態。

 
人面腫が生えてくるのでは?というぐらいの盛り上がり。
まるで地図のように膨れ上がりました。
 
 

冷やしてなんとか睡眠へ

ちなみにかゆみのピークに達した時はすでに朝方。
 
多少頭が落ち着いてきたので、冷静に考えネットで検索すると『かゆみには冷やすが効果的』という情報をみつけたのでとにかく大量の保冷剤を持ってきて体を冷やしました。

とはいえすぐに症状が収まるわけもなく、数日はかゆみに悩まされ冷やしてを続け当然お風呂はぬるま湯という日々を過ごし、薬も塗りまくりました。
  
 

生食はマジで危ない・・・

父が言っていた『豚を生で食うんじゃないよ』という言葉の意味を本当の意味で理解した日々を過ごし、食べ物の怖さを思い知らされました。
 
豚肉についている菌がどうたらみたいな医学的な事はまったくわかりません。
ですが実際にこの症状になったのは事実。もう一生豚肉を生で食べるということはしないでしょうし

ちなみに焼き肉や料理の時に生豚に触れたものを極端に怖がるようになりました。あのかゆみはもうごめんです。
 
 
豚を生で食べるんじゃないぞ。